ハイライトよねやま 247

那覇ロータリークラブ 御中

 

お世話になっております。ロータリー米山記念奨学会です。

 

今月の“ハイライトよねやま”ができあがりましたので、お送りします。

ぜひご覧いただければ幸いです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

▼全文は、こちらよりご覧ください。

http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight247_pdf.pdf

(公財)ロータリー米山記念奨学会ニュース

………………………………………………………………………

★ ハ イ ラ イ ト よ ね や ま 247号 ★  2020年10月12日発行

………………………………………………………………………

::今月のトピックス::

——————

・米山月間はなぜ10月?

・米山月間の工夫

・寄付金速報 ― 米山月間にご協力を! ―

・ミャンマーの子どもたちに手洗い習慣を

・地区米山委員長対象Web相談会を開催

 

《今月のピックアップ記事》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

米山月間はなぜ10月?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国際ロータリー理事会が指定したロータリーの特別月間に加え、

日本独自の月間テーマとして、10月は米山月間となっています。

なぜ、10月なのでしょうか?

 

1975年8月、米山梅吉翁が逝去した4月28日までの1週間を

「米山週間」とすることが決定しました。ある地区ですでに

行われていた強化活動を全国へ広げ、米山奨学事業を促進する

ことが目的でした。しかし1980年度になると、米山週間は

4月から10月1日~7日へと変更されました。

 

その理由はいくつかあります。一つには「ロータリー雑誌週間」

が1978年度から4月となり、重なってしまったこと。また、4月

では各クラブへ送付される事業報告書などの資料数字が約1年前

のものとなることや、採用されたばかりの奨学生に卓話を依頼

することに無理がある、ストが多い、などの現実的な支障が

あったためです。

 

そして何よりも、東京RCによる米山基金から日本全地区クラブ

の共同事業とする決議や合意が行われた地区大会が、いずれも

10月だったこと、これが大きな理由とされています。

 

1983年からは週間制度が「月間」となり、10月が米山月間として

定着し、今に至っています。

 

そのほかの記事は、ぜひPDF版をご覧ください。

→ http://www.rotary-yoneyama.or.jp/summary/pdf/highlight247_pdf.pdf

 

以上

…………………………………………………………………………

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会

…………………………………………………………………………