青少年活動他

2018-19年度から当地区でもロータリー青少年指導者養成プログラム

国際ロータリー第2580地区 ガバナー事務所 より

2018-19年度から当地区でもロータリー青少年指導者養成プログラム

(Rotary Youth Leadership Awards、通称「RYLA」「ライラ」)を

始めることになりました。

>> 送付状

当地区の初めてのRYLAは、来年3月1~3日に沖縄「玉城青少年の家」で行います。

受講生募集のチラシを各クラブに郵送いたしました。

今週中に各クラブ事務所に配達される予定です。

※チラシはこちらより >> チラシ(裏面:参加申込書)_2019.03.01-03D2580RYLA

20~30歳の青年男女で、今回のRYLAに参加いただくのに相応しい方を

各クラブよりご推薦いただきたくお願い申し上げます。

チラシの裏面が参加申込書となっております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

参加申込書提出期限:2018年9月15日

申込先:2018-19年度地区RYLA委員長 嶋村文男

〔参加申し込みの流れ〕

①候補者が参加申込書と小論文を提出(提出期限2018年9月15日)

②9月16日以降に選考結果通知

③参加費振込(銀行口座情報は参加者推薦クラブにご連絡いたします)

 

2018年5月12日(土) サクラの植樹を実施 「那覇市首里石嶺児童園」

地球環境問題への意識を高めてもらうことを目的に国際ロータリー(RI)のイアン・HS・ライズリー会長が各クラブへ植樹を呼びかけていることを受け、那覇ロータリークラブのサクラ植樹が12日午前、那覇市首里石嶺町の石嶺児童園で行われ、会員24人が出席して、78本のサクラの木を園庭に植えました。

・名嘉 義明 会長挨拶
名嘉会長挨拶

・石嶺児童園 上原園長、施設管理の安里政晃偕生会理事長(那覇RC直前会長)、名嘉会長が石碑横へ植樹
上原園長・安里晃偕生会理事長・名嘉会長

子どもたちと桜の成長を愉しみに致しましょう!ご自分の桜の手入れもよろしくお願い致します
植樹関係者

ライズリーRI会長は今年度スタートに当たって持続可能な奉仕として、各クラブで会員と同数の木を植えるように呼び掛け、那覇RCでもそれに応え、植樹を計画していました。
12日は例会で児童園の上原裕園長から児童園の概要などについて説明を受けた後、園庭で植樹を行いました。

名嘉義明会長は「子どもたちにも参加してもらった。植樹は環境問題への意識を高めてもらいたいとライズリーRI会長が提唱している。児童園で引き受けてもらい感謝している。植えっ放しではなく、水を掛けるなどを行い、子どもたちと触れ合っていきたい」とあいさつしました。

この後、施設管理の社会福祉法人偕生会理事長の安里政晃会員、上原園長の3人が植樹を行い、会員も園の子供たちが見守る中、園庭の各所でサクラを植樹しました。サクラの木は78本で、順調に育てば3年から5年後に花を咲かせる。文責:石堂清彦

 

ロータリーの青少年奉仕について

青少年交換 (Youth  Exchange)

年齢15歳から19歳までの青少年に母国以外の国を訪問したり、そこに留学したりする

機会を提供する国際ロータリーのRI常設プログラムである。

長期交換プログラムは、学生に1学年度、海外に留学する機会を与える。

一方、短期交換プログラムは、学生に最低数週間の外国訪問の機会を与える、

すべての学生は地元で申請を行い、地元地域社会のRCの支援を受けなければ成らない。

<ホストファミリー> 

ロータリー青少年交換学生のホストファミリーは、以下のことを行います。

・交換学生に部屋と食事を提供する。

・交換学生の親となった気持ちで、親としての監督義務を行う。

・交換学生に家族行事や家事に参加してもらう。

・家族や地域社会の行事をはじめ、文化的な活動に交換学生を参加させることで、

学生の体験を充実したものにする。

インターアクトクラブ

1960 年代に入って、世界中の青少年が共に活動できるような組織をつくろうという

機運が高まり、1962年、インターアクトクラブ(Interact Club、IAC)が次々と

世界各地に創立。12~18歳の高校生の年代が対象で、卒業と同時に会員資格が

失効してしまいます。日本で最初のIACは1963年6月27日に創立した、宮城県の

仙台育英高校IAC(現仙台育英学園高校IAC)です。2番目は京都八幡IAC(現

西京商業高校IAC)、創立は1963年6月28日で、仙台育英高校IACとはたったの

1日遅れで創立されています。

ローターアクトクラブ

インターアクトクラブを継続するものとして、1968年にローターアクト(Rotaract

Club、RAC)が設立されました。

18~30歳を対象に、奉仕を志向する市民と指導者を育成するため、ロータリークラブ

が提唱する世界的な団体です。日本最初のRACは、1968年6月1日に創立した、

埼玉県の国際商科大学RAC(現川越RAC)です。

RYLA (ライラ)

Rotary  Youth  Leadership Awards(ロータリー青少年指導者養成プログラム)の

頭文字をとってRYLA、ライラといいます。14~18歳、19~30歳までの若者のため

のプログラムで、RIが1971年に公式に採用しました。

対象年齢が二分化されているのは、多様なニーズと成長過程に対応できるようにする

ためです。RYLAは、若者の指導者および善良な市民としての資質を伸ばすことを

目的としたプログラムです。その実践は、セミナーか指導者キャンプのどちらかの方式

に基づいて、クラブまたは地区レベルで行われます。日本で初めてRYLAが実践され

たのは、1976年、当時の第366地区(大阪・和歌山)です。

<ロータリーの基礎知識より>

 

 ■2016/4-2017年/3 米山奨学生の紹介

蘭 茜(ランシー)さん(中国)

初例会 ご挨拶と二胡を演奏下さいました。

例会ご挨拶

 

 

 

 

二胡演奏

 

 

 

 

 

米山奨学生ランシーさんへ奨学金の贈呈

贈呈式写真

 

 

 

 

 

■地区補助金完了報告(見守り隊バッジ)

・地区補助金完了報告 >> 地区補助金完了報告書

・平成28年度福祉教育・ボランティア担当者研修会

総会及び表彰式(見守り隊バッジ贈呈) >> 総会及び表彰式

贈呈式の写真 >> 贈呈式

■ローターアクトクラブの活動

那覇ローターアクト会長 新本博文 様より活動報告です。

☆ビーチクリーン&懇親BBQ

日時:2015年10月25日(日)
(清掃) 14:00~15:00 (BBQ) 15:00~18:00
集合場所:美らSUNビーチ
「初当の予定よりも多い8名のロータリアンが参加してくださり、
家族も含めて総勢30人以上で 盛大に開催されました。」
>>ビーチクリーン・BBQ

■青少年奉仕情報

国際ロータリー第2580地区 2015-2016年度 >> 「青少年奉仕情報」第12号

■インターアクト
≪活動方針≫
インターアクトクラブは、奉仕と国際理解に貢献する青少年(12歳から18歳)の
ためのロータリークラブ提唱の世界的団体です。
当クラブのスポンサー先の首里高校・那覇高校両校のインターアクトクラブが独自で
実施する諸活動の環境整備並びに清掃活動への協力を行う。
具体的な活動としては、8月3日(日)に東京で行われる地区大会への参加及び、会員
全員登録をする。

・第51回インターアクト地区年次大会
2014年8月3日(日)
大会会場 :浅草ビューホテル
ホスト校 :北豊島学園IAC
スポンサー:東京リバーサイドRC

「インターアクト地区大会」へ出席したインターアクター・顧問の先生方をクラブ
例会へお招きし報告して頂く。
また、年間行事への参加、インターアクトクラブへの指導・激励を実施するとともに
各委員会との連携を深め、活動を行っていきたいと考えます。

・次年度のインターアクト地区大会は沖縄開催のため、それに向けての準備について
協力していく。

【沖縄県】
首里高校IAC(首里高等学校) 創立1965.2.7
インターアクト委員長 与座 嘉博
高校 〒903-0816 沖縄県那覇市首里真和志町2-43  TEL098-885-0028
校長 中村 孝夫  顧問教師名 山城 文子      FAX098-884-3442
会長 新本 日向子 幹   事 長濱  努
新垣 七海

那覇高校IAC(那覇高等学校) 創立1965.5.26
インターアクト委員長 与座 嘉博
高校 〒900-8555 沖縄県那覇市松尾1-21-44    TEL098-867-1623
校長 儀間 清隆  顧問教師名 伊良皆 利奈    FAX098-866-7753
久貝 磯野
会長 瑞慶覧 良太 幹   事 久高  連

■2014-15年度 ロータリー米山奨学生のご紹介

米山奨学生ご紹介No1
お名前:イゲデ,アンガプラディプタ さん
(インドネシア出身)
学 校:沖縄キリスト教学院大学

*2014年4月~2015年3月までの1年間
那覇RCでお世話になります。
よろしくお願い致します。

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会について
年間の奨学生採用数は700人、事業費は13.6億円(2012-13年度決算)と、国内
では民間最大の奨学事業となっています。
これまでに支援してきた奨学生数は、累計で17,545人(2013年4月現在)。
その出身国は、世界121の国と地域に及びます。
米山奨学金には、奨学金による経済的な支援だけでなく、ロータリークラブ独自の
世話クラブとカウンセラー制度による心の通った支援があります。

■ローターアクト
創立 1971.11.30
会長 新垣 智久  幹事 大城 一正

活動計画【2014~2015年度】

7月 ・会長幹事会の開催に向けての準備(7/16・7/23)
8月 ・ビーチパーティー計画・クラブ内親睦
・インターアクトとの親睦会
・那覇RC 例会参加
9月 ・通常例会(9/10) ・インターアクトとの交流(9/17)
10月 ・那覇大綱引き(JT主催 ひろえば街が好きになる運動)(10/19)
・那覇RC職場訪問 (有)新垣菓子店ちんすこう工場見学(10/21)
11月 ・通常例会 ・白梅の塔清掃活動
12月 ・通常総会 ・那覇RC夜間例会 ・家族会出席(12/16)
1月 ・新年会(親睦会)
2月 ・那覇RC創立56周年記念例会出席(2/24 火曜)
・国際ロータリー第2580地区 地区年次大会出席
・インターアクト卒業式
3月 ・国際ロータリー第2580地区RA年次大会
・「ポリオ撲滅」広報、募金活動
4月 ・通常例会
5月 ・通常例会
6月 ・通常例会
・インターアクト合同行事(慰霊の日・平和セミナー)
(6月23日 AM10:00)